« ヴァヌアツ、中華民國と外交關係樹立 | トップページ | 痛い »

錢湯

よく行く近所の錢湯は二つとも刺青 OK です。
刺青禁止にすると商賣あがつたりになるかも。

それにしてもけふは多かつた。
サウナとか一緒だと直視できないですね。
ぼくが出たあと、中に殘つた四人はすべて刺青の人でした。

|

« ヴァヌアツ、中華民國と外交關係樹立 | トップページ | 痛い »

コメント

何年か前,ゼミ合宿をしたときのことでした.
温泉に隣接したコテージ(温泉代込み)だったので,よし,まずは温泉だ!ということでみんなで入りました.
しばらく温泉を楽しんだ後でサウナ室に入ると,うちのT先生と刺青のおじさんの二人が中にいました.ぼくがそこに混じって3人になったのもつかの間,T先生は無言で出ていかれました.
残ったのはおじさんとぼくの二人だけ.ぼくは好きな人を直視できない中学生のようにドキドキしっぱなしでした.
サウナでかく汗とは違う,いやーな汗も大量に発散しましたとさ.
めでたしめでたし.

投稿: すひろ | 2004/11/29 13:36

サウナで一緒になるの、つらいですよね。
あと、洗ひ場のとこで隣に坐られるのもね。
隣に刺青の偉い人が坐つて、その後ろで偉くない刺青の若者が二人がかりで背中流してゐたときなんか、はねてくるんですね。小心者は、それでも、こつちがはねないやうに氣をつけちやふんです。
隣の刺青の人がへんな鼻歌歌ひだしたときもつらかつた。笑つちやいけませんからね。
あと、あと、刺青の人は浴槽の近くに陣取つて洗つてほしくない。みるからに溢れさうな藥湯、あきらめたことあります。

投稿: glmai | 2004/11/29 17:47

「じゃあ、注射しますので腕出してくださいねー。」と服をまくりあげた時に刺青が出てくるのもなかなか、気まずいです。
時々あります。(汗)

投稿: ゆか | 2004/11/29 23:13

ほんとはとってもやってみたいんだけれど、けっこう「別格」扱いみたいな感じが多いみたいで。それくらい根性入れてやれ、ということなのでしょう。小心者ではまだまだ「役不足」なんでしょうね。刺青も人を選ぶ。精進したいと思います。

投稿: Yalwai | 2004/11/30 22:48

ゆかさん

知らずにいろんなところで接觸してゐるんでせうね。
スーパー、コンビニ、食堂、居酒屋、電車の中、とか。
見えないので。
風呂屋に來るのは見せたい氣持ちがあるんだと思ふんですよ。
看護婦さんに見せたくて注射打つ人は...ゐないか。

Yalwaiさん

無理して精進しなくても...
一生物ですから圖柄(づがら)とか愼重に撰んでください。
傳統(でんとう)的なのは怖い印象が先立ちますよね。

ニュージーランド人がマオリの傳説(でんせつ)の海獸だかを肩に彫つたのは恰好よかつたです。

ニューギニアには顏面にぐるぐる模樣を描いたりする人がゐますが個人的にいただけません。

Yalwaiさんはうけねらひしさうなので言ふのですが、一生物ですよ。ほんと。

投稿: glmai | 2004/11/30 23:46

「刺青お断り」は差別にあたるから銭湯に書くのはけしからんというお叱りを受けたことがあります。刺青は任侠の世界の徴ですが、すでにその世界から足を洗った人にとっては世間から疎まれる理由はもうないわけで、背中に模様があるだけで風呂に入れないというのは不当な差別なわけです。
しかし、そんなことは模様を彫るまえから分かっていたことで、自業自得といわれても仕方ないこと・・・とまではいいませんでしたが、社会が容認する差別として、世間の見方の変化に待つというような回答をしました。

投稿: にしむ | 2004/12/04 16:08

お洒落の刺青が流行ればほんとに變(か)はるかもしれませんね。

今はレーザーで消せるとも言ふけれど、消しても殘るといふし、自己の身體(しんたい)の變革(へんかく)がかなはねば、これは社會(しやくわい)の變革を目差すしかないわけで、つまるところは革命です。

女子高生とかが般若の刺青を見て「可愛い」なんて言ふやうになると、自然、凄みを求める人のものではなくなる。刺青革命です。

しかし、現役でもあれだけゐると差別してゐる餘裕はありませんね。

ところで、錢湯マニアといふのがゐるやうです。

http://inokin.kdn.ne.jp/sentou/sa/sakaeyu.htm">http://inokin.kdn.ne.jp/sentou/sa/sakaeyu.htm
http://inokin.kdn.ne.jp/sentou/sa/shinonome.htm">http://inokin.kdn.ne.jp/sentou/sa/shinonome.htm

投稿: glmai | 2004/12/05 15:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錢湯:

« ヴァヌアツ、中華民國と外交關係樹立 | トップページ | 痛い »