« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

寢臺急行銀河

東京に行くのに寢臺特急使はうかなあ、高價いだらうなあ、寐る時間あるかなあ。
と思つてゐたら、寢臺急行といふ都合の好いものがあると知つた。
http://www.din.or.jp/~a-aoki/night_train/ginga.html
http://homepage1.nifty.com/hodo/burutore/ginga/
早速乘ることにした。

======================================================================
京都(市内) 22:58 發 -> 東京(都區内) 6:42着
所要時間: 7時間44分
(のぞみより5時間半ほど、ひかりより5時間ほど餘計にかかる)

料金合計: 15540圓
(のぞみより2220圓、ひかりより2520圓餘計にかかる)
乘車券: 7980圓、急行券: 1260圓、B寢臺券: 6300圓
ちなみに下段(B寢臺は上下同一價格)
======================================================================

寢臺列車の良い點:
1. 晝(ひる)の移動が時間の無駄に感じられる人: 時間を效率的に利用可能
2. 終電逃がしさうな人、朝早くからの仕事の人: 終電より遲く出發、始發より早く到着
3. どのみちどこかで有料宿泊施設利用が必要な人のばあひ: 泊まれる、寢臺なので夜行バスより快適
4. なんたつて夜汽車: ロマンです、ロマン
5. 長時間座るのがつらい人: 臥せてゐらる

寢臺列車の惡い點:
1. 遲い: 移動中眠れない人にはむかない、しかも移動距離、速度が中途半端だと寐る時間があまりない
2. 夜遲く朝早い: 夜が早い人、朝が遲い人にはつらい、列車によつてかなりつらい
3. 高價い: 出發地、到着地の兩方に據點(きよてん)がある人には意味なく高價い
4. 不安: 寐てゐる間にものを盜られないかしら

銀河の良い點
1. 遲い: 急行なので京都・東京間で特急出雲より1時間20分ほど餘計にかかり、寐る時間が確保できる
2. 安い: 急行なので京都・東京間で特急出雲より1570圓安い

なほ、關西・關東間の安めの鐵道便はJR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」もおすすめ。
いつかこれでグリーン車に乘るぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

萬々歳、萬歳

萬々歳/萬萬歳(ばんばんざい)
個々人/個個人(ここじん)
複々線/複複線(ふくふくせん)
皆々樣/皆皆樣(みなみなさま)

古々米(ここまい)
次々囘(じじくわい)
先々月(せんせんげつ)
先々週(せんせんしう)
先先日(せんせんじつ)
先々代(せんせんだい)
前々囘(ぜんぜんくわい)
前々月(ぜんぜんげつ)
前々室(ぜんぜんしつ)
前々週(ぜんぜんしう)
前々日(ぜんぜんじつ)
翌々月(よくよくげつ)
翌々日(よくよくじつ)
來々年(らいらいねん)

北北西(ほくほくせい)
北北東(ほくほくとう)
南南西(なんなんせい)
南南東(なんなんとう)

萬々一(ばんばんいつ)
内々定(ないないてい)

弟弟子(おとうとでし)
會會員(くわいくわいいん)
湯湯婆(ゆたんぽ)
夜夜中(よるよなか)
高高度/高々度(かうかうど)
東東京(ひがしとうきやう)
大大名(だいだいみやう)
--------------------
御御足(おみあし)
出出し(でだし)
各々方(おのおのがた)
横横道(よこよこだう)

段々畑/段段畑(だんだんばたけ)
囘囘教(ふいふいけう)
好好爺/好々爺(かうかうや)
日日草(にちにちさう)
擔々麺/擔擔麺(たんたんめん)
風風亭(ふうふうてい)
對對和(といといほー)
棒々鷄/棒棒鷄(ばんばんじー)
駸々堂(しんしんだう)
暗々裡/暗々裏(あんあんり)
上々吉(じやうじやうきち)
苛々感(いらいらかん)
大々的(だいだいてき)

猩々緋(しやうじやうひ)
都々逸(どどいつ)

香々地(かかぢ)
久々野(くぐの)
佐佐岡(ささをか)
佐々木(ささき)
佐々原(ささはら)
佐々里(ささり)
酒々井(しすゐ)
曾々木(そそぎ)
田々井(たたゐ)
多々戸(たたど)
多々良(たたら)
千々松(ちちまつ)
千々石(ちぢは)
茶々丸(ちやちやまる)
等々力(とどろき)
奈々繪/奈々江(ななゑ/ななえ)
奈々子(ななこ)
奈々澤(ななさは)
野々市(ののいち)
野々香(ののか)
野々口(ののぐち)
野々原(ののはら)
野々村(ののむら)
野々山(ののやま)
代々木(よよぎ)
梨々子(りりこ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

平々凡々

平々凡々、平凡
明々白々、明白
是々非々、是非
子々孫々、子孫
奇々怪々、奇怪
奇々妙々、奇妙
虚々實々、虚實
洒々落々、洒落
空々漠々、空漠
空々寂々、空寂
凄凄涼涼、凄涼
凄凄切切、凄切
凄凄慘慘、凄慘
悽悽惶惶、悽惶
(時々刻々、時刻)
--------------------
戰々恐々(戰々兢々)
三々五々
侃々諤々
喧々囂々
正々堂々
津々浦々
唯々諾々
喋々喃々
鏤々綿々
年々歳々
朝々暮々
生々世々
陰々滅々

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近の通院

月曜日: 「藥だけでこれだけよくなつたんですねえ。これなら手術では痛い思ひをしないでよささうですよ。それでは紹介状を書きますが、入院はどちらの病院がいいですか。一週間に一度、午前中しか診療してゐないので明日行つてください」。紹介状の宛て名は「~先生侍史」と書いてある。ものものしい。

火曜日: 大きい病院。さんざん患部をいぢられて、痛い。「これは間違ひなく(病名)ですので、(病名)かどうかたしかめる檢査は要りません。(病名)であると手術が必要ですが、日程はどうされますか。時間があれば入院されるのがいいです。早ければ四日で退院の豫定ですが、手術をしますのでなにか起こるばあひもあります。さうするともうすこしのびる可能性もあります」。二月の入院でお願ひする。「手術前の檢査をしてから入院の説明を受けてください」。採血は五本取る。なんの檢査だらう。血の止まるはやさの檢査もする。抗生劑をもらふ。

水曜日(けふ): 朝、しこりが大きくなつてゐることに氣付く。膿が溜まつてしまつたときの痛みがある。構はず引越後のいろいろ(片付けや諸手續)をしてゐるうちに、壓迫しなくても痛い状態になる。明日仕事なのに。買ひ物などをしに外に出ると、ちよつと走るだけで痛くなることに氣付く。友人と待ち合はせ。ただ立つてゐるだけなのにつらい。友人現はれるが、具合が惡くなつたので病院に行かねばならないむねを告げると心配してついてきてくれる。
かういふ緊急を要するときに限つて待つてゐる人が多い。もうすこし痛くなつたら「どうしても痛いので先に診てくれ」と言ふつもりで待つ。脂汗が出る。通りがかりの看護婦さんが「どうしたんですか。だいぶつらいんぢやありませんか」と聲をかけてくれるが「大丈夫だ」と言ふ。そのうちにだんだん痛みが引いてきた。膿がだいぶ逃げたに違ひない。どんどん痛みが引く。しまつた。いつもの痛みともうあまり變(か)はりない。これなら病院に來ずに家で我慢してゐてもよかつたかもしれない。でも明日仕事中に痛みだしたらコトだからなあ。などと思つてゐるうちに順番が來る。
「ははあ。だいぶ膿が溜まりましたね。すこし出てきてゐる。出口の穴が小さくなつてきたんです。すこし押してみませう」。痛い痛い痛い。「はあい。ごめんなさいねえ。切る必要があるかな」。痛い痛い痛い。「メス」。また切開だ。「却つて痛いので麻醉しませんからね」。さうだ。麻醉をしても炎症がひどいところに效かないのは經驗濟みだ。「ちくりとしますが動かないでください」。ザクリ。「はい。しぼつておきます」。もう、からだ中の筋肉が強ばつて、聲(こゑ)も出ない。一氣に疲勞感。點滴(てんてき)15分受けて歸(かへ)る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引越

引越しました。
たいへんだつた。
自宅のネットワーク環境がまだできてゐないのでいろいろ滯りますがみなさまよろしくお願ひします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »