« 標準語と共通語 | トップページ | ぼくが「舊假名」を使ふ理由2 »

ぼくが「舊假名」を使ふ理由1

歴史的假名(かな)遣ひが「なぜいいのか」あるいは「どんなに簡單か」については、昔からの論爭を紐解くまでもなく、ウェブ上でもいろんな人が發言してゐて、今更な感じがするのですが、ぼく自身がどう正當化(せいたうくわ)できるのか、試してみたい氣もあり、少しづつやつてゆきたいと思ひます。せつかく言語學を勉強してゐるので若干言語學的に始めますね。
ちなみに本なら福田恆存の「私の國語教室」、ウェブページでは野嵜さんの「正かなづかひ早分かり」やそこからのリンクがいいです。
さて、歴史的假名遣ひといふだけあつて、隨分長いこと使はれてきて、歴史の重みがあるんだらうなあ、日本の傳統(でんとう)かしらと思ふむきもあるやうですが、實は「いやあ、それほどでも」なんですよね。江戸時代の人が規範化を目指して、明治になつてその成果を反映するやうな實用がされはじめた。「舊假名」を使ふ人の中には傳統を重んじるといふ人もあるんでせうが、ぼくはそちらはあまり信じてゐない。そもそもすべて傳統といふのは虚構である、と事を大きくする必要もないかもしれませんが。
歴史的假名遣ひを使ふと古文だとか文語文だとか言はれることもあります。えと、違ひます。ぼくの書いてゐるのは語彙も文法も古文とは違ひます。ここで書いてゐることば、みなさんの文章語とそれほど違ひはありませんよね。
勿論、歴史的假名遣ひはことばの歴史を反映してゐます。けれど、長い間に亙つて使はれてきたものではないし、それ自體(じたい)は最も重要な點(てん)ではないんです。今囘はそこで、歴史とはほとんど關係のない切り口で行きたいんです。
「え段の長音」といふのがあります。これ、三種類あると思ふんですよ。
一つは返事で「ええ」といふやつや、「お姉さん」の「ねえ」ですね。これは「え」の音をのばした音で「えい」「ねい」とは發音しません。音聲記號では [e:]みたいに書きます。
も一つは「映畫」の「えい」、[提出」の「てい」で、「エーガ」とも「エイガ」とも言へる、あるいは「テーシュツ」とも「テイシュツ」とも言へると思ふんです。[e:]~[ei]の自由變異を持つんですね。
最後に魚の「えひ」とか兄弟の娘の「姪」の類で、「エイ」とは言ふけど「エー」とは言はない、「メイ」とは言ふけど「メー」とは言はない。「メイッコ」のことを「メーッコ」と言ふとをかしくありませんか。[ei]としか發音しない。それどころか、直感的には音節境界があるやうに思はれる。
音節境界についてはある程度論理を組み立てる必要があるとは思ふのですが、以上の事柄が事實だとすると、この三者の別は、おそらく一音節二拍の/e:/と一音節二拍の/ei/、それに二音節二拍の/e.i/("."を音節境界とする)なのだと思ふのですよ。/e.i/と假定したところ、音節境界を認めずに日本語の音韻論を記述しようとするなら音素目録を増やすことになるかもしれない。スマートではありませんね。
で、歴史的假名遣ひでは「ええ」と「えい」と「えひ」を區別します。ね。ぼくは、この區別が歴史の殘した正書法の不合理だとは思はない。さういふことなんです。

ところで、歴史的假名遣ひでは「えゐ」とか「ゑい」とか「ゑへ」とか、もつといろんなパタンで「エイ」を表現するのではないかと疑問に思つた方、いらつしやるかも。でもけふはここまで。

|

« 標準語と共通語 | トップページ | ぼくが「舊假名」を使ふ理由2 »

コメント

ああぼくが旧仮名に惹かれるのは「かっこよさそうなこと」と「Glmai君が使ってること」だけだったのも、もしかしたら僕のことばの「えー」はひとつしかなかったからかもしれません。続編での「逆転」を自分のなかで期待しています。あでももしかしたら「目+疣」も「めーぼ」だからこの場面でもうすでに逆転は可能か?どうなん?いやあ(形態?)音韻論ってほんとに難しいですね!プロのひとよろしく教えて

投稿: Yalwai | 2005/02/23 04:32

自分フォロー:でも「脛+疣」は「すねーぼ」になるかは微妙だし「金石」さんは「かねいし」だし「米+祝い」も音声的にのみちょっと微妙かもしれんけれどやっぱり「こめいわい」だから、新旧較べると旧がわずかにリードということになるのかな。旧の「ええ」と「えい」を「ええ」にして「えひ」を「えい」にしたら少なくともここは乗り切れる。相槌の「ええ」と魚的な「エイ」は発音もいっしょで表記も「ええ」に統一。

投稿: Yalwai | 2005/02/23 05:09

自分フォロー2:「合成語」はまだなんですね。さきばしってしまってすみませんでした。続き楽しみにしています。

投稿: Yalwai | 2005/02/23 05:24

なるほどねえ。
地域差、個人差もあるとは思ひます。
「エー」一つですか。
ゆつくり進めますね。

投稿: glmai | 2005/03/02 17:55

ふと、檢索サイトより、貴サイトを拜見いたしました。
これも何かの縁と存じまして、ご挨拶申上げます。
小生、以下なる會を主催しております。
HPへご来訪賜れば幸ひです。

『福田恆存を讀む會』
http://www.geocities.jp/sakuhinron/page024.html
http://www.geocities.jp/sakuhinron/page025.html
『福田恆存を探求す』
http://www.geocities.jp/sakuhinron/

      『福田恆存を讀む會』ご案内 事務局 吉野
hodaka3190@mbg.nifty.com

投稿: 『福田恆存を讀む會』 | 2005/03/13 18:13

吉野さま

御案内ありがたうございます。

投稿: glmai | 2005/03/30 20:04

地域差、個人差やと思いますが、私は魚は「エー」姪は「メー」姪っ子は「メーッコ」です。ご参考までに

投稿: せいと | 2005/04/09 23:40

せいとさん、そうですねえ、僕もです。「提出」の読み「テイシュツ」は、実はアウトです。ぎりぎり妥協して(何に?)魚の「エイ」、姪は「メイ」もあり、くらいです。こちらは母語じゃないかもしれないけれど。特に意味とか音とかの関係で強調したいときに使うかな?「姪っ子」は使用語彙にないので「メイッコ」がいいのかどうかわからない。えいとめい以外でこれ使うのって何?

投稿: Yalwai | 2005/04/10 01:01

「姓」とか「所為」とか「背」(関西弁なので)はセー、「塀」はヘー、ですね。テイシュツ、エイ、メイ、いずれも他人が使う分にはOKですが自分は意識してそう発音しようとしない限り使いません。強調の時も使いません。テイシュツは体育をタイイクと言うような違和感があるかもです。

投稿: せいと | 2005/04/10 08:01

ふうむ。これも關西からの意見ですね。
地域かなあ。
東京近郊限定の現象なんでせうか。

投稿: glmai | 2005/04/27 01:51

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくが「舊假名」を使ふ理由1:

« 標準語と共通語 | トップページ | ぼくが「舊假名」を使ふ理由2 »