« アラファト夫人 | トップページ | なにはのブラジル »

偶然

東京で、夜遲くまで樂しみすぎて終電がなくなり、友達の家に泊めてもらつて、次の朝。友達と電車に乘り込んで、共通の關心であるパプア・ニューギニアの話をしてゐました。「ドム語が」「シンブー州では」「シネシネ」などといふキーワードに、はつと振り向いた人と目が合ひました。
同じ研究室で數年前に勉強を終へて就職した人でした。「馴染みのある言葉が聞こえてきたんで」。こんな言葉に馴染みのある人、なかなかゐませんよね。
しつかし世界は狹い。
ちなみに話してゐたら最近はまつてゐる劍玉が前から得意だとかいつて、ぼくのまだできない日本一周や世界一周もできるんださうで、羨ましかつた。

|

« アラファト夫人 | トップページ | なにはのブラジル »

コメント

いきなり車内でそんなキーワードが聞こえてきたら
びっくりして振り向きますよねえ.
ぼくも今度試してみようかな.

ぼくは以前東京にいたときに
登校中の山手線車内でいきなり肩を叩かれたと思ったら
高校の部活(弓道)の友だちKさんが立っていておどろきました.
あと下校中の山手線車内で
高校の部活の友だちSくんが弓道の的を持って乗り込んできて
それまたびっくりしました.
みんな別々の大学に行ったのに
よくもまあ一日何本もある山手線のうちの同じ車両に乗り込むもんだなあと.
こういう偶然はちょっとうれしいです.

投稿: Yamakochi | 2005/04/12 10:16

その日覺えた外國語の單語はその日のうちに何囘も聞くといふ法則がぼくにはあります。

投稿: glmai | 2005/04/27 01:49

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偶然:

« アラファト夫人 | トップページ | なにはのブラジル »